logo

アップル、100人体制で「iOS」ウォッチを開発中か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年02月13日 16時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleのいわゆる「iWatch」に関するうわさが過熱しているが、最新の報道によると、同社は既に、傑出した従業員数名を含む100人構成のチームでうわさのスマート腕時計の開発作業に当たっているという。

 Appleが「iOS」ベースの腕時計を開発している可能性が相次いで報じられているが、それに続いて、匿名の情報筋がBloombergに述べたところによると、まさにそうしたデバイスの開発に取り組んでいるチームはこの1年間で規模が拡大しており、過去に「iPhone」や「iPad」を担当したことがある同社のマーケティング、ソフトウェア、およびハードウェア部門の従業員がメンバーに名を連ねているという。

 同チームの主要メンバーには、Appleのエンジニアリング担当シニアディレクターであるJames Foster氏、そして、電子サイティングコンパスや環境光センサを含む13件のApple特許の功績を持つプログラムマネージャーのAchim Pantfoerder氏が含まれると言われている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集