logo

火星探査車「Opportunity」、探査開始から9年--撮影された画像の数々

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年02月16日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「Opportunity」は2004年1月24日、火星に着陸し、9年間という驚くべき長期にわたって続くことになる調査を開始した。双子の探査車である「Spirit」(2010年に運用停止)の3週間後に火星に着陸したOpportunityは、今でも順調に動いている。

 この写真は、2012年11月19日に撮影された、エンデバークレーターの西縁にあるマティアビッチヒルの210度パノラマ写真だ。Opportunityはこの場所に到着して以来、約22マイル(約35km)を走行し、その途中で17万6258枚のRAW画像を撮影している。当初3カ月だったミッション期間から調査期間は大幅に延長されている。

 火星旅行は別として(いつの日か実現するかもしれないが)、ここで紹介する厳選されたパノラマ写真は、火星に行くのに次ぐ良いものだ。

 フルサイズのパノラマ写真はリンク先で見ることができる。
Scroll Right Scroll Left

 米航空宇宙局(NASA)の火星探査車「Opportunity」は2004年1月24日、火星に着陸し、9年間という驚くべき長期にわたって続くことになる調査を開始した。双子の探査車である「Spirit」(2010年に運用停止)の3週間後に火星に着陸したOpportunityは、今でも順調に動いている。

 この写真は、2012年11月19日に撮影された、エンデバークレーターの西縁にあるマティアビッチヒルの210度パノラマ写真だ。Opportunityはこの場所に到着して以来、約22マイル(約35km)を走行し、その途中で17万6258枚のRAW画像を撮影している。当初3カ月だったミッション期間から調査期間は大幅に延長されている。

 火星旅行は別として(いつの日か実現するかもしれないが)、ここで紹介する厳選されたパノラマ写真は、火星に行くのに次ぐ良いものだ。

 フルサイズのパノラマ写真はリンク先で見ることができる。

提供: NASA/JPL-Caltech

-PR-企画特集