logo

火星探査車「Opportunity」、探査開始から9年--撮影された画像の数々 - 6/8

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2013年02月16日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 NASAの火星探査車Opportunityは、パノラマカメラで超高解像度イメージング技術を使用して、この東の地平線の眺めを撮影した。右に写っているのはエンデバークレーターの西縁だ。火星での探査開始から2298日目(火星日)にあたる、2010年7月11日に撮影された。

 NASAによれば、超高解像度イメージング技術は、同じ被写体を撮影した複数の写真からの情報を合成し、それぞれの画像よりも解像度の高い画像を作り出す技術だという。

 フルサイズのパノラマ写真はリンク先で見ることができる。
Scroll Right Scroll Left

 NASAの火星探査車Opportunityは、パノラマカメラで超高解像度イメージング技術を使用して、この東の地平線の眺めを撮影した。右に写っているのはエンデバークレーターの西縁だ。火星での探査開始から2298日目(火星日)にあたる、2010年7月11日に撮影された。

 NASAによれば、超高解像度イメージング技術は、同じ被写体を撮影した複数の写真からの情報を合成し、それぞれの画像よりも解像度の高い画像を作り出す技術だという。

 フルサイズのパノラマ写真はリンク先で見ることができる。

提供: NASA/JPL-Caltech/Cornell University

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]