「Google Slides」、オフラインでの利用が可能に

James Kendrick (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年01月24日 09時46分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Google Drive」を介してアクセスするようになった「Google Docs」についてよくある不満の1つは、オンライン接続が必要という点である。これまでにワープロアプリケーションである「Docs」がオフライン機能に対応し、「Chrome」や「Chrome OS」のユーザーはオンライン接続していない状態でも作業ができるようになっていた。そして今回、「Slides」アプリケーションでもオフラインでの編集、作成、プレゼンテーションができるようになった。

 新しいオフライン機能は米国時間1月23日に提供開始される。同機能を利用するにはChromeブラウザまたはChrome OSが必要。オフラインの環境でSlidesのファイルを編集するだけでなく、プレゼンテーションを行うこともできる。これで、プレゼンテーション会場においてWi-Fiの設定を心配する必要がなくなった。

 Googleは「Sheets」アプリケーションにもオフライン機能を追加することを約束しているが、時期は明らかにされていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加