logo

オランダの裁判所、サムスン「GALAXY Tab」はアップルの意匠を侵害していないと判断

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月17日 08時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オランダ・ハーグの地方裁判所は、「GALAXY Tab 10.1」「GALAXY Tab 8.9」「GALAXY Tab 7.7」の角の丸いデザインは、Appleの意匠を侵害していないという判決を下した。同判決では、英国の裁判所における2012年の類似の判例に言及している。英国の裁判でもサムスンの主張が認められた。

 サムスンはReutersに宛てた声明で、「われわれは、角の丸い長方形のタブレットを最初に設計したのはAppleではないこと、そして、Appleによる登録意匠の特徴の原点は多数の例に見られることを信じ続けている」と述べた。

 Appleは2012年10月、ロンドンにある英国高等法院でも敗訴している。Appleの意匠は侵害されていないと同裁判所は判断した。

 Appleは、同社の英国ウェブサイトと複数の英国の印刷刊行物にいわゆる「謝罪」広告を掲載することを裁判所に命じられた。しかし、Appleは同社の英国ウェブサイト上に、判決を非難する文章を掲載した。裁判所が掲載を命じた文章を潤色し、裁判所に認められていない詳細情報を追加したのである。

 サムスンがこれに対する不服を申し立て、Appleはその声明を削除するよう命じられた。Appleは、同社ウェブサイトの最下部に別のページへのリンクを配置する代わりに、同サイトを訪問したすべての人の目につくように、ページの最下部にメッセージを掲載することを求められた。

 しかし、この謝罪には、なるべく人の目に触れさせないようにする工夫が施されていた。Appleは、画像サイズを変更するコードを使用し、ページの一番下までスクロールしないと謝罪文が表示されないようにし、オンラインコミュニティの非難を浴びた。

 その後、このコードはAppleのサイトから削除された。その数週間後に、裁判所が掲載を命じた文章が、裁判所が選定した英国の新聞紙および技術誌に掲載された。

 「iPhone」や「iPad」を提供するAppleは、同社サイトに「不正確で誤解を招く」声明を掲載したことを受け、サムスンの英国での裁判費用を全額支払うように命じられた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集