「iPhone」が首位に立つも、サムスンが急上昇--スマホ購入予定者アンケート

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月16日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 北米で実施したスマートフォン購入予定者へのアンケートで、Appleの「iPhone」が首位に立った。しかし、その優位性はサムスンに奪われつつある。

 ChangeWave Researchが米国時間1月15日に報じた記事によると、今後90日以内にスマートフォンの購入を考えている4000人のうち50%がiPhoneを購入する予定だという。これは悪い数字ではないが、「iPhone 5」の発売直後に実施した前四半期の調査結果である71%からは下落している。

 同記事によると、同じ時期にサムスンのスマートフォンに注目したユーザーは13%から21%に上昇したという。

 ChangeWaveのPaul Carton氏は声明で「サムスンのスマートフォンに向けられた消費者の購入意欲は年初から非常に高まっている。『GALAXY S III』が登場してから数カ月経つので通常はペースダウンが予想されるが、いまでも活況だ」と述べた。「また、サムスンの端末で大型の画面を持つ『GALAXY Note II』にも強い関心がもたれている。2013年はスーパーサイズのスマートフォンが市場を席巻しつつある」(同氏)

 この主張を裏付けるかのように、ChangeWaveの調査はユーザーに望ましい画面サイズを質問し、4分の1以上のユーザーが5インチ以上の画面だと答えている。iPhone 5の画面サイズは4インチであるのに対しGALAXY S IIIは4.8インチだ。GALAXY Note IIは5.5インチであり、どちらの機種をも上回っている。

 またサムスンに興味を持つ購入者のうち、69%がGALAXY S IIIを検討しているのに対し、GALAXY Note IIを支持するのは23%だ。

 ChangeWaveはまた、現行のスマートフォンを所有しているユーザーの満足度についても、OSとデバイスの両面から詳しく調査した。


提供:ChangeWave Research

 Appleの「iOS」が首位となり、71%のユーザーがiPhoneに非常に満足していると述べた。しかし新たな変化として、「Windows Phone」ユーザーの53%が満足していると答え、満足度のランクを押し上げている。MicrosoftのモバイルOSは実際に、48%のユーザーが高い満足度を示した「Android」を上回っている。

 デバイス面では、iPhoneユーザーの70%がデバイスに満足している。Windows Phoneの貢献によりNokiaユーザーの56%がデバイスに満足し、サムスンの55%を上回っている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加