世界最大の家電イベント

パナソニック、4Kの「Windows 8」タブレットを披露

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年01月09日 11時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ラスベガス発--パナソニックは、PCとタブレットの解像度において次の段階に進もうとしている。

 2013年の「Consumer Electronics Show(CES)」では、4KのUltra HDテレビが新雪が地面を覆うように続々と登場しているが、パナソニックは唯一、PCでの4K技術を披露した。同社ブースで展示している4Kタブレットのプロトタイプは、LEDバックライトを搭載する20インチのIPS液晶ディスプレイで、驚きの解像度3840×2560ピクセル、230ppiとなっている。

 15インチの「Retinaディスプレイ」を搭載する「MacBook Pro」は、解像度が2880×1880ピクセル、220ppiだ。現在のコンピュータでは、20インチのディスプレイでこれほどのピクセル密度と解像度を誇るものはないが、同デモ用端末で写真のロードやピンチズーム、「Windows 8」での操作を行った際には、動作が非常に遅く感じられた。

 パナソニックの同タブレットのプロトタイプは、光沢のあるメタルで重さは5ポンド(約2.3kg)、Intelの「Core i5-3427U」プロセッサ、NVIDIAの「GeForce」GPU(詳細不明)、4GバイトRAM、128GバイトSSDを搭載している。

提供: Josh Lowensohn/CNET
提供: Josh Lowensohn/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加