世界最大の家電イベント

PCはどう進化する?--CES 2013開幕直前予想

Dan Ackerman Rich Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月28日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近頃、新しいノートPCやデスクトップ、タブレットに関するニュースがあまりにも多くて食傷気味の読者がいるとしても、それは正常な反応だ。なぜなら、Microsoftの新しい「Windows 8」OSが10月末に発売され、それに伴ってあらゆる大手PCメーカーからアップデートされた最新のコンピュータが多数リリースされたからだ。

 昨今、独創的なハイブリッドやコンバーチブルを含む最新システムがこれほど多く登場しているのは素晴らしいことだが、それは、「2013 International CES」で発表される新情報があまり残っていない可能性があることも意味する。多彩なウルトラブックのラインアップが発表されたCES 2012と比較すると、特にそうだ。とはいえ、たとえそれが既に発表されたいくつかの例に基づく予測だとしても、われわれは今回もいくつかの重要なトレンドが示されると予測している。


あらゆるデバイスに搭載されるタッチスクリーン

 Windows 8のローンチに関して最も驚かされたのは、さまざまな形状とサイズのノートPCの多くにタッチスクリーンが搭載されたことだ。これには、主にスレートスタイルのタブレットとしての使用を想定して設計されたハイブリッドシステムやコンバーチブルシステムだけでなく、従来型のクラムシェル型ノートPCも含まれる。Windows 8とそのタイルベースのUIは、二次的な入力方法としてタッチを備えていた方が効率的に機能するからだ。

 これは同じくらい重要なことなのだが、550ドル以下のノートPCにもタッチスクリーンが搭載されるようになった。これは、最もローエンドの低価格ノートPCより上位のほぼすべてのシステムがタッチスクリーンを追加できるようになったことを意味する。そして、それは正にわれわれが2013年に現実になると予測していることだ。つまり、中価格帯以上のほぼすべての新型ノートPCにタッチスクリーンが搭載されるか、あるいは最低でもそれがオプションとして提供されるようになり、タッチスクリーンが新たなメインストリームになるだろう。

取り外しや回転、折りたたみが可能なノートPCが増加

 WindowsノートPCでは長年にわたって、回転式のスクリーンや取り外し可能なスクリーンなどの実験的試みが時折行われてきたが、成功することはほとんどなかった。しかし、2012年の最後の数カ月、Windows 8とそれに伴って発売された多数のノートPCのおかげで、このコンセプトは遂に正当な評価を得るに至った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加