logo
世界最大の家電イベント

PCはどう進化する?--CES 2013開幕直前予想 - (page 2)

Dan Ackerman Rich Brown (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月28日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ほぼ360度折り返せるLenovoの「Yoga」(CES 2012で登場した製品)や、東芝やサムスンなどから発表されたスライド型コンバーチブルについてはすでに見てきた。CES 2013では、発表のペースがやや鈍るかもしれない。開発中の多くの製品がWindows 8の登場に合わせて急いで市場に投入されたからだ。新しいPCの発表とリリース予定は、例年とは異なり、もはや1月開催のCESとは一致していない。


Lenovoの「Yoga」

電源コードのないオールインワン型デスクトップ

 ほとんどのオールインワン型デスクトップのメーカーは、Windows 8の登場にあわせて無難なデザインを出してきた。しかしソニーの「Vaio Tap 20」は大きな例外だ。Vaio Tap 20は20インチのオールインワン型で、バッテリ駆動時間は3~4時間。さながらスーパータブレットのようであり、真にワイヤレスのデザインで大画面のポータブルコンピューティングを可能にする。


ソニーの「Vaio Tap 20」

 Lenovoはバッテリ駆動のオールインワン型の独自プランについて示唆していた。このオールインワンや、他のベンダーから似たようなデザインのPCがCESに出展されても不思議ではない。

Intelはモバイルデバイスでの事例を強調

 Intelは自社のCPUを従来のPCから成長著しいスマートフォンとタブレット市場に移行させることに熱心だ。電源効率を高めた新しい「Ivy Bridge」CPUシリーズを披露するのにCESほど適した機会はないだろう。Intelがこれらの10ワットチップをCESで披露するかどうかにかかわらず、同社からの出展はどの品目でもモバイルコンピューティングに大きく注力されていると予想される。

AMDの新たな展開

 AMDはCPU/GPUメーカーとして最大手のIntelから大きく離されただけでなく、ローエンドではARMプロセッサからも圧力を受けているが、何らかの新しい発表があるものと期待されている。同社のプロセッサはここ数世代にわたり、パフォーマンス面でもコンシューマー向けの低価格化の面でも期待を裏切ってきたので、このCESが発展に向けた大きなチャンスになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]