米ヤフー、取締役会を刷新--PayPalの共同創設者が取締役に

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫2012年12月14日 10時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Yahooは、PayPalの共同創設者であるMax Levchin氏を取締役会に迎えた。同社にとって大きな戦力となるはずだ。

 KaggleとYelpの取締役会長を務め、EvernoteのディレクターでもあるLevchin氏は、シリコンバレーのオールスター級選手と言える。eBayに買収されるまではPayPalの最高技術責任者(CTO)を務め、その後、ソーシャルメディア企業のSlideを創設した。そのSlideを2010年にGoogleに売却し、現在はビッグデータを専門とする企業HVFを率いている。

 Levchin氏の任命と同時に、The Weather Channelの最高経営責任者(CEO)であるDavid Kenny氏とソフトウェア企業IntuitのCEOであるBrad Smith氏の2人が取締役会を去り、Yahooの取締役は11人になった。

 Levchin氏の登場は、動向が注視されているCEOのMarissa Mayer氏がYahooをどういう会社に育て上げたいと思っているかを知る良い機会だ。Levchin氏は、Mayer氏が以前勤めていたGoogleを2011年に去っている。

 Mayer氏は声明で次のように述べている。「Levchin氏は、私がこの業界に身を置いて以来、すばらしい製品をかぎ分ける驚くべきセンスとユーザー体験への熱心な取り組みに対して感服の念を抱いてきた人物だ。世界の毎日の習慣を変えようと取り組む中で、製品及び技術に関するLevchin氏の高度な専門知識は、Yahooのすばらしい資産になると確信している」

提供: Dan Farber
Max Levchin氏
提供: Dan Farber

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加