任天堂の据え置き型最新ゲーム機「Wii U」が12月8日発売

佐藤和也 (編集部)2012年12月07日 15時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 任天堂は、据え置き型の新ゲーム機「Wii U」を12月8日に発売する。


ベーシックセットの本体とGamePad

 Wii Uは、現在発売されている据え置き型ゲーム機「Wii」の後継機として開発。大きな特徴としては6.2インチ液晶のタッチスクリーンを搭載したコントローラー「Wii U GamePad」。これにより、GamePadの画面単体でもゲームのプレイが可能となっているほか、テレビとGamePadの2画面を使ったプレイスタイルで楽しむこともできる。ほかにもフルHDやハイビジョンに対応。Wiiのソフトや周辺機器も一部を除き互換されており、Wiiのコントローラーも使用可能となっている。

 機能面では、任天堂のゲーム機で利用できるアバター「Mii」を活用したソーシャル要素となる「Miiverse」を搭載。同じゲームを遊んでいるプレイヤー同士で感想や意見を交換するなど、コミュニケーションを楽しめる。。開発にははてなが参加している。

 インターネットブラウザや、GamePadを使ってテレビ番組に関するさまざまな情報をチェックできる「Nintendo TVii」、ネットを通じてWii U同士によるテレビ電話機能の「Wii U Chat」、JOYSOUNDとのコラボによる「Wii カラオケ U」なども搭載している。

 ゲーム機本体はプレミアムセットとベーシックセットの2種類を発売。双方に共通する同梱物はWii U本体にWii U GamePad、タッチペン、本体とGamePadそれぞれのACアダプターにHDMIケーブル。ベーシックセットのWii U本体は、カラーがホワイトで内蔵フラッシュメモリーが8Gバイト。価格は2万6250円。


プレミアムセットの本体とGamePad

 プレミアムセットのWii U本体は、カラーがブラックで内蔵フラッシュメモリーは32Gバイト。またWii U本体の縦置きスタンドのほかGamePadの充電スタンドやプレイスタンドを同梱。さらに「ニンテンドーネットワークプレミアム」というデジタル販売のポイントサービスを付与するほか、Wii U版「ドラゴンクエストX」のベータテストに参加できる特典が付いている。価格は3万1500円。

 本体と同日発売のソフトは、Wii Uで遊ぶ任天堂のテーマパークと題した「ニンテンドーランド」やアクションゲーム「New スーパーマリオブラザーズ U」をはじめ、ニンテンドー3DS用ソフト「モンスターハンター3(トライ)G」のWii U版で連携機能も用意されている「モンスターハンター3(トライ)G HD Ver.」(カプコン)など11タイトル。また、動画サービス「ニコニコ」「YouTube」「Hulu」が利用できるソフトも無料配信する。

 なお米国では日本に先立ち、現地時間の11月18日に発売されている。

◇「Wii U」発表
任天堂、新ゲーム機「Wii U」を発表--コントローラーにタッチスクリーンを搭載
任天堂、新型ゲームコンソール「Wii U GamePad」を発表
任天堂の「Wii U」、SNS対応が明らかに--価格や発売日は未発表
Wii Uは12月8日発売、価格は2万6250円から

◇「Wii U」の中身
「Wii U」を分解--2つのサイトが公開

◇「Wii U」の新機能
任天堂、「Nintendo TVii」を発表--テレビや映画の視聴を支援
Wii UにJOYSOUNDカラオケソフトが内蔵へ
Wii Uに搭載のソーシャル機能「Miiverse」の開発にはてなが参加
グーグルの「Street View」、2013年1月から任天堂「Wii U」で利用可能に
「Wii U」でニコ動が視聴可能に--GamePadから投稿も

◇米国で先行発売
任天堂、「Wii U」を米国で発売
Netflix、米国で「Wii U」発売と同時に利用可能に
任天堂「Wii U」、米国発売初週に40万台を売り上げ
任天堂、「Wii mini」をカナダで発売へ--本体小型化で価格は99.99ドル
任天堂「Wii U」レビュー--デザインや機能、使用感など紹介(前編)

◇キーパーソン
「Wii U」と家庭用ゲーム機の未来--任天堂宮本茂氏に聞く

◇E3 2012で公開
E3 2012がいよいよ開幕--Wii U詳報やゲーム最新情報に注目
E3 2012で明らかになった5つのトレンド--ゲーム業界の今後を予想する
任天堂の次世代機「Wii U」、E3 2011で見た第一印象

  • このエントリーをはてなブックマークに追加