写真で見る火星の地表--土壌サンプル採集を開始した探査機「Curiosity」 - 6/7

James Martin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年12月15日 07時30分
 「Viking」や「Pathfinder」「Mars Exploration Rover」などのNASAの過去の火星ミッションは、火星の土壌を調査してきた。今回のCuriosityはX線分光法を使用している。同様の種類の土壌がすべての着陸地で、そして両方のMars Exploration Roverの陸上移動中に観察されている。

 一番上の2枚の写真には、グセフクレーターにあるMars Exploration Roverの「Spirit」の着陸地が写っている。左下の写真はVikingの着陸地だ。右下は、Curiosityが土壌を採集したゲイルクレーターの「Portage」と呼ばれる場所の近接写真である。

 グセフクレーターでは、Spiritの車輪が地表下の白い堆積物をいくつか掘り起こした。それらの堆積物には、シリカを豊富に含むものや水和した第二鉄硫酸塩があった。
Scroll Right Scroll Left

 「Viking」や「Pathfinder」「Mars Exploration Rover」などのNASAの過去の火星ミッションは、火星の土壌を調査してきた。今回のCuriosityはX線分光法を使用している。同様の種類の土壌がすべての着陸地で、そして両方のMars Exploration Roverの陸上移動中に観察されている。

 一番上の2枚の写真には、グセフクレーターにあるMars Exploration Roverの「Spirit」の着陸地が写っている。左下の写真はVikingの着陸地だ。右下は、Curiosityが土壌を採集したゲイルクレーターの「Portage」と呼ばれる場所の近接写真である。

 グセフクレーターでは、Spiritの車輪が地表下の白い堆積物をいくつか掘り起こした。それらの堆積物には、シリカを豊富に含むものや水和した第二鉄硫酸塩があった。

提供: NASA/JPL-Caltech

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画広告

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]