logo

KDDIが初めてiPadを発売--田中社長「iPadもauは本命」

藤井涼 (編集部)2012年11月30日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは11月30日、auとして初めてとなるiPadの発売を記念したカウントダウンイベントを、午前8時からKDDI デザイニングスタジオで開催した。イベントにはKDDI代表取締役社長の田中孝司氏が出席し、タレントの重盛さと美さんがゲストとして駆けつけた。

 同社が新たに取り扱うのは第4世代「iPad Wi-Fi + Cellularモデル」と「iPad mini Wi-Fi + Cellularモデル」。田中氏はau初のiPad発売について「KDDIはずっと3M(マルチユース、マルチネットワーク、マルチデバイス)の世界観を作っていきたいと思っている。iPadを発売できることは本当に嬉しい」と喜びを語る。

  • iPadを求めて早朝から並んでいた約10名の顧客とともにカウントダウン。午前8時にau初のiPadが発売された

  • iPadやiPad miniの魅力を語る田中社長と重盛さん

  • iPad miniは小さいカバンにも入るので持ち運びに便利と重盛さん

 また、KDDIではiPadの発売に向けて地下鉄でのLTE環境の整備に注力してきたと語り、関東では12月末時点で地下鉄駅構内の99%をカバー、2013年3月末時点で地下鉄駅間のトンネルも含めた約9割のエリアをカバーできると説明。「シームレスに家と会社、家と学校の間がつながってくる。これが本当の意味でネットワークがついたiPadの力」と自信を見せる。

 さらに、au版のiPhoneとiPadでは、「@ezweb.ne.jp」ドメインのメールアドレスを同期させることができると語り「iPadもauは本命」と、同社の優位性をアピールした。実際にau版のiPad miniを触ったという重盛さんも「小さくて軽くて持ち運びやすいiPad miniは女性にも本当におすすめ。iPad miniを買うならつながるauで決まり」と気に入った様子だった。

  • 第4世代「iPad Wi-Fi + Cellularモデル」

  • 「iPad mini Wi-Fi + Cellularモデル」

  • いづれの端末もLTEに対応

 なお、KDDI デザイニングスタジオには、au版のiPadを求めて早朝から約10人の列ができていたが、同日に開催されたソフトバンクモバイルの発売セレモニーには90人以上の列ができており、同社と比べると少し寂しい印象だった。

端末価格と料金プラン

 それぞれの端末価格も発表されており、第4世代iPadは16Gバイトが5万3760円、32Gバイトが6万1680円、64Gバイトが6万9600円。「毎月割」を24カ月適用した場合、16Gバイトモデルは実質負担額が0円、32Gバイトは9600円(月額400円×24回)、64Gバイトは1万8960円(月額790円×24回)となる。

  • タブレット料金プランと割引の組み合わせ例

 また、iPad miniの端末価格は16Gバイトが3万9600円、32Gバイトが4万7760円、64Gバイトが5万5680円。「毎月割」を24カ月適用した場合、16Gバイトモデルは実質負担額が0円、32Gバイトは8160円(月額340円×24回)、64Gバイトは1万6080円(月額670円×24回)となる。

 料金プランは、月額5985円の定額プラン「LTE フラット for Tab/Tab(i)」(プラン名の「Tab」はAndroidタブレット、「Tab(i)」はiPadを意味する)を提供。auスマートフォンと同一名義で契約すると月額980円を割引く「スマホセット割」や、12月31日までにLTE フラット for Tab/Tab(i)に契約したユーザーの料金を月額525円(最大24カ月)割引くキャンペーンなども実施する。なお、テザリング機能はiPhone 5と同様に、最大24カ月無料で利用できる。

-PR-企画特集