logo

マイクロソフト、「Google Shopping」を批判する「Scroogled.com」サイトを立ち上げ

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年11月29日 13時05分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、Googleが実はScroogle(小説「クリスマスキャロル」に登場する冷酷な守銭奴ScroogeとGoogleの造語)であると知らしめたいようだ。Microsoftによると、「今やGoogle Shoppingの検索結果はすべて有料広告になっている」という。


提供:Screenshot by Chris Matyszczyk/CNET

 これは少なくとも、Microsoftが「Scroogled.com」という新しいサイトで述べていることだ。

 このサイトでは、「Google Shoppingはターゲット広告のリスト以外の何ものでなく、疑いを知らない利用者は検索結果だと思ってしまう」と断言している。

 Googleが「検索適合性」という用語に込めている意味は「どれだけの支払いを得ているか」であると説明する短い動画もある。

 サイトによれば、一方のBingは「誠実な検索」を提供するという。

 米国時間11月28日のBingブログでは、Microsoftが競合相手のショッピングサイトを「Ebenezer Scrooge(小説『クリスマスキャロル』に登場する冷酷な守銭奴)がGoogle Shoppingに出会った」とたとえて、真っ正面から批判した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集