logo

セットトップボックス型「Xbox」、2013年にリリースか

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年11月22日 08時43分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftがカジュアルゲームと動画のストリーミングに特化したセットトップボックス型「Xbox」を準備中だと、The Vergeが米国時間11月21日に報じた。

 同記事によると、Microsoftが2013年に、長年ヒットを続けているゲーム機「Xbox 360」の廉価版として新たなデバイスのリリースを計画していると、複数の情報筋がThe Vergeに語ったという。同セットトップボックスは、カジュアルゲームや動画ストリーム再生の機能を提供すると見られ、既存のXboxと並行して販売される予定だ。

 The Vergeは次のように記している。「同デバイスには、『Windows 8』のコアコンポーネントが搭載され、専用コンソールに一般的にみられる本格的なXboxゲームではなく、カジュアルなゲームタイトルをサポートすることになる。ハードウェア仕様が完全に固まっているわけではないが、Microsoftが採用するチップセットにより、迅速な起動とレジューム機能を持つ『常時接続』デバイスからTVや娯楽サービスへのアクセスがほぼ瞬時に可能になるものと理解している」

 The Vergeの主張によると、新しいXboxデバイスは、「次世代のXboxの中核的アーキテクチャに、多数のデバイス上で動作できるように十分な拡張性をもたせるための、より広範な取り組み」の1要素にすぎないという。これらのデバイスの中には、「Xbox Live」の実行を可能にするスマートフォンが含まれる可能性がある。The Vergeは、Microsoftが「Xbox TV」セットの販売に関心を示しているTVメーカーに対し、Xbox機能を提供することも検討していたという話を伝えている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集