MS、「iOS」と「Android」向け「Office」を2013年初頭に提供か

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年11月08日 07時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS」と「Android」ユーザーは、これら端末向けに設計された「Microsoft Office」のモバイル版をついに目にする可能性がある。

 The Vergeは米国時間11月7日、「Microsoftの計画に詳しい複数の情報筋」の話として、これらの新しいアプリケーションが2013年初頭に提供される予定であると報じた。

 「Office Mobile」と名付けられたこのアプリケーションによって、Microsoftアカウントユーザーは、「Word」「PowerPoint」「Excel」のファイルを携帯端末上で参照できるようになる。しかし、ドキュメントを編集するには「Office 365」への登録が必要となる見込みだとThe Vergeは付け加えた。同アプリケーションは、基本的な編集機能を備えるが、デスクトップ版とはほど遠いものになる見込みだと報じられている。

 Microsoftのチェコ共和国にあるオフィスは2012年10月、Office Mobileが2013年2月に提供される予定だとプレスリリースに記していた。しかし、MicrosoftはThe Vergeに対し、その情報は正確ではないと述べている。

 Officeのモバイル版については、ここしばらくの間に何度か報じられている。

 Microsoftは、その製品の存在は認めたが、提供開始日などの詳しい情報については口を閉ざし続けている。10月にはある報道を受けて、米CNETに対し、「Office Mobileは、『Windows Phone』、Android搭載端末、iOSのすべてで動作する予定だが、この新しいOfficeの発売時期について、現時点でこれ以上発表できる内容はない」と述べた。

 米CNETが7日、Microsoftにコメントを求めたところ、同社の広報担当者は「Officeは、Windows Phone、iOS、Android搭載端末のすべてで動作する予定だ」とただ繰り返すだけだった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加