Facebook、米大統領選投票日に向けた機能を準備

Paul Sloan (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年11月06日 14時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookのエンジニアは、選挙日に向けた本格的な製品や機能に関して最後の仕上げをしているところだ。選挙権年齢に達している米国のすべてのユーザーが、米国時間11月6日にそれらを目にするであろう。

 Facebookは、2008年の大統領選や2010年の中間選挙に向けて実施したのと同様に、ニュースフィードのトップにメッセージを表示して、ユーザーに投票日であることを知らせる予定だ。そして、ユーザーが投票した旨をクリックすると、そのメッセージはFacebookの友達に見えるように表示される。一方、今回Facebookは全てのモバイル端末でもユーザーに向けてメッセージを発信する予定だ。これによって利用度が上がるとみられ、効果が増す可能性がある。

 Facebookは11月4日夜、「U.S. Politics(米国の政治)」など多くのFacebookページに投票所の位置表示機能の公開を開始した。また、Facebookのユーザーは、「Today is Election Day(今日は投票日)」と題する上述のメッセージから、位置表示機能に簡単に飛ぶことができるようになる。

 さらに、Facebookは投票日に向けて以下のことを行っている。

  • リアルタイムの地図。「Facebook Stories」のチームは、全米中のホットスポットを表示するリアルタイムの地図を作成している。人々が投票日のメッセージをクリックすると、地図はデータを蓄積し、Facebookのユーザーがどこで投票しているかを表示する。
  • 投票日のチャット測定。Facebookのデータチームは、終日「Talk Meter」を使って、「U.S. Politics」のページ上に結果を投稿する予定だ。この機能では、ある出来事にまつわる全てのチャットや、トピックに関連する用語を測定し、1から10までの段階でランク付けをする。同社は、討論会の後にもこれを利用した。
提供: UC San Diego
Facebookの2010年投票推進運動メッセージ
提供: UC San Diego

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加