10.1型Windows 8搭載タブレット「ThinkPad Tablet 2」--レノボ、法人向けに販売

エースラッシュ2012年10月26日 18時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レノボ・ジャパンは10月26日、法人向け「ThinkPad」のタブレットシリーズとして、新OS「Windows 8」搭載の「ThinkPad Tablet 2」を同日より販売開始した。同じくWindows 8を搭載した「Think」シリーズのノートPCおよびデスクトップPCもあわせて発表した。

「ThinkPad Tablet 2」
「ThinkPad Tablet 2」

 ThinkPad Tablet 2は、1366×768ドット表示の10.1インチワイドタッチパネル液晶を搭載した法人向けタブレットだ。タッチパネルには高強度な「ドラゴントレイルガラス」を採用し、持ち運び時の落下や圧迫、外部からの衝撃や擦れなどによるダメージを防いでくれる。指先でのタッチ操作はもちろん、オプションで1024段階の筆圧感知に対応した専用ペン付きモデルも選択できる。なお、ペン搭載モデルと非搭載モデルとは液晶が異なり、非搭載モデルで専用ペンを使用することはできない。

専用のペン
専用のペン

 待ち受け時間は最大150時間以上で、Wi-Fi使用時でも約10時間の長時間駆動を実現している。本体サイズは高さ9.8mm×幅262.6mm×奥行き164mm、重量はペン非搭載モデル「367928J」が約570g、ペン搭載モデル「36794DJ」が約600gだ。主なスペックは、インテル Atom Processor Z2760(1.8GHz)、2Gバイトメモリ、64Gバイトのフラッシュメモリ、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth v4.0、Windows 8 Pro 32ビット版など。インターフェースはMini-HDMI出力ポート×1、USB2.0×1、Micro USB(充電専用)×1、マイクロフォン/ヘッドフォンコンボジャック×1、MicroSDメディアカード・リーダーを備えている。

 直販サイトでの価格は、367928Jが6万9300円、36794DJが7万4550円。なお、個人向けモデルに関しても年内より同社直販サイトにて順次販売を開始する予定だという。

Windows 8搭載ノートPCやデスクトップPCも

 そのほか、Windows 8搭載の新ラインアップとして、ノートPCの「ThinkPad L530/L430」「ThinkPad T530/T430/T430s」「ThinkPad X230」「ThinkPad X1 Carbon」「ThinkPad Edge E130/E135」「ThinkPad Edge E530/E535」「ThinkPad Edge E430/E435」が登場。デスクトップPCでは「ThinkCentre M72e(Tiny/Small)」「ThinkCentre M72z AIO」「ThinkCentre M82 Small」「ThinkCentre M92p(Tiny/Small)」「ThinkCentre M92z AIO」「ThinkCentre Edge 92z AIO」「ThinkCentre Edge 72 Small」がリリースされている。

 さらに今回、同社では秋葉原の「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」内に「レノボ・カスタムショップ」を新規オープンした。ThinkPadをはじめ多彩な製品を展示・販売するほか、ショップには専門販売員「レノボ ショップ アドバイザー」が常駐。レノボ・カスタムショップの新規オープンを記念し、製品を購入した先着100名様にレノボ特製USBメモリをプレゼントするキャンペーンも実施するという。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加