logo

アップル、HTML5に精通したクリエイティブコンサルティング企業Particleを買収

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年10月17日 16時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 これは、「acqui-hire(acquireとhireを組み合わせた造語。買収+雇用)」と呼んでもいいだろう。

 米CNETが得た情報によると、Appleは、サンフランシスコに拠点を置き、HTML5を利用したウェブアプリケーションおよびマーケティングプロジェクトを専門に扱う、クリエイティブコンサルティング企業のParticleを買収したという。

 Particleは2008年前半に創設され、何人かの著名人から財政的な支援を受けている。ポップスターから俳優に転身したJustin Timberlake氏は投資を行っており、Particleが創設し、資金不足に苦しんでいたソーシャル動画サービスのRobo.toへの資金提供に力を貸した。今回の買収案件に詳しい情報筋は、売却価格については何も知らなかった。

 Particleは、GoogleやMotorola、Amazon、米Yahoo、ソニー、AppleからHTML5関連の仕事を請け負ったことがある。同社は、非同期動画面接プロジェクトの「Intervue.me」を含むいくつかの「labs(ラボ)」プロジェクトも開発している。

 買収の話がまとまったのは9月末だが、10人ほどのParticleの従業員のうち全員がAppleで働くことになったわけではない。Appleに加わった従業員たちのLinkedInのパブリックプロフィールを見ると、何人かは「クリエイティブテクノロジスト」と記載されており、1人は「ユーザーインターフェースエンジニア」と記載されている。

 Particleの従業員の何人かは、ユーザー体験設計グループの一員としてYahooと一緒に働いたことがある。創設者で最高技術責任者(CTO)であるAubry Anderson氏のLinkedInプロフィールによると、同氏も2006年から2008年にかけて、Appleにコンサルティングを行っていたという。

 買収の目的だが、Appleは同社の製品ページや「iAd」広告、iCloud.comでHTML5に非常に注目している。iCloud.comは、Appleが真のウェブアプリケーションを提供する数少ない場所の1つである。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集