「Google Play」のアプリ内サブスクリプション、無料試用期間が設定可能に

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年10月11日 12時55分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは現在、Androidアプリ開発者に対して、アプリ内サブスクリプションで1週間の無料試用期間を設定可能にすることで顧客をより満足させられるようにしている。

 ユーザーは、アプリ内サブスクリプションの購入を完全に決定する前に試用してみたい場合、無料でアプリを「購入」できる。1週間が経過するまでにユーザーは、試用期間の終わりにアプリをキャンセルするか、自動的に決済を開始できるようにすることができる。Android開発者は、無料の試用期間を1週間以上に延長することができる。

 Android開発者向けのウェブサイトに詳細が掲載されている。

 無料の試用期間を利用するには、ユーザーは標準のアプリ内課金の手順によりフルサブスクリプションを「購入」しなければならず、課金および通常の購入取引の完了において利用する有効な決済フォームを提供する。しかし、初回の期間は無料試用に相当することから、ユーザーは課金されない。その代わり、Google Playは0ドルの取引を記録し、サブスクリプションは試用期間またはキャンセルまでの期間の購入として記録される。取引完了時にGoogle Playは、ユーザーに対して、無料試用期間を含むサブスクリプションを購入し、初回料金は0ドルであることを電子メールで通知する。

 サブスクリプションにより、開発者は、雑誌、新聞、動画のようにコンテンツを変更しながらアプリを提供できるようになっている。Googleは恐らく、無料試用期間により、多くのユーザーがさらに多数のアプリを試してみたくなることを期待しているのであろう。

Google Playのアプリ内サブスクリプションで無料試用期間の設定が可能となった。
Google Playのアプリ内サブスクリプションで無料試用期間の設定が可能となった。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加