logo

エプソン、3D対応の新「ドリーミオ」を披露--2000ルーメン超の明るさを確保

加納恵 (編集部)2012年10月03日 16時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エプソン販売取締役販売推進本部長の中野修義氏

 エプソンは10月3日、3D再生に対応した液晶プロジェクタ「ドリーミオ」シリーズに「EH-TW8100W/TW8100」「EH-TW6100W/TW6100」「EH-TW510S/TW510」の5機種を追加した。WirelessHDを標準搭載したワイヤレス対応モデルもラインアップする。10月17日から順次発売する。

  • 「WirelessHDトランスミッター」

 エプソン販売取締役販売推進本部長の中野修義氏は「プロジェクタ市場は、2011年から2012年にかけて大きく成長した。その要因は10万円以下で購入でき手軽に楽しめるカジュアルシアターの導入。エプソンでは本格シアターからカジュアルシアターまでラインアップをそろえ、展開していく」と市場について説明した。

 全機種2000ルーメン以上の明るさを確保し、2D、3D映像ともに明るい画質を実現。上位機となる8100/8100W/6100/6100Wには、新開発のパネル駆動技術「Bright 3D Drive」を採用することで、明るい3D映像を実現している。

  • 「EH-TW8100W/TW8100」

 また日本の住環境を考慮し、前面吸排気システムを採用。これにより「棚に置きたい」など限られた場所への設置に対応するという。加えて8100W/6100Wには「WirelessHDトランスミッター」を同梱し、映像データをワイヤレスでプロジェクタに送信することが可能。HDMI入力端子5系統、HDMIパススルー出力端子1系統を備え、複数の機器との接続も可能になった。

  • 「EH-TW6100W/TW6100」

 最上位機種となる8100/8100Wは、3Dを際立たせる「C2FINEパネル」に加え、パネルを通過する偏光を緻密に制御し、黒浮きを抑える「DEEPBLACK」を採用。画質劣化の少ない光学レンズシフトを搭載し、上下96%、左右47%の可動範囲を実現する。サイズは高さ140mm×幅466mm×奥行き395mmで、重量約8.6(8100は8.4)kg。店頭想定価格は8100が29万円台後半、8100Wが32万円台後半になる。

  • 「EH-TW510」

 6100/6100Wは、10W+10Wのスピーカを内蔵し、手軽にホームシアターを構築できるモデルだ。サイズは高さ137.3mm×幅420mm×奥行き365mmで、重量は約6.2(6100は6.0)kg。店頭想定価格は6100が19万円台後半、6100Wが22万円台後半になる。

  • 3Dメガネ「ELPGS03」

 510は、WXGA対応のスタンダードモデル。サイズは高さ77mm×幅325mm×奥行き243mmで、重量約2.7kg。2Wのスピーカを内蔵する。店頭想定価格は9万円台中盤になる。510のみ、80型のスクリーンをセットにした「EH-TW510S」も発売される。価格は9万円後半。

 全機種ともに3D再生に対応しており、Bluetooth Wireless Technologyによる3D同期信号を採用した新3Dメガネを採用。従来製品に比べ30%の軽量化を実現したほか、WirelessHDトランスミッタまたはUSB充電ACアダプタ経由での充電が可能。510/510Sは3Dメガネが別売となる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集