logo
CEATEC JAPAN 2012

シャープ、CEATEC JAPAN 2012で4Kテレビ参考出品--ICCチップで空気感まで再現

加納恵 (編集部)2012年10月03日 11時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは、CEATEC JAPAN 2012の会場で、4K解像度を持つICC LEDテレビを参考出品している。I3(アイキューブド)研究所によるICCチップを搭載し、独自の4K映像を再現する。

 4Kテレビは、フルHDテレビに対し4倍の解像度を持つ高解像度テレビ。すでに東芝やソニーから商品化されている。BDソフトなど現行のソフトは1920×1080ピクセルのフルHD解像度のため、4Kテレビで再生するには解像度が足りず、フルHDコンテンツを4K映像へとアップコンバートする作業が必要となる。各社「超解像」と呼ばれる技術を搭載し、アップコンバートに対応している。

  • CEATEC JAPAN 2012のシャープブース内にICC-LED テレビコーナーが設けられている

 シャープではこのアップコンバートにICCチップを採用。画素を補間するだけではなく「撮影時の光や空気感」までも再現し、リアルで奥行き感のある4K映像を作りだすことが特長だ。

  • フルHD解像度テレビ(左)とICC-LEDテレビ(右)の比較

 ICCチップを手がけたI3(アイキューブド)研究所の代表取締役である近藤哲二郎氏は「ICCは、映像をみることで情感までよみがえらせる。映しだされた映像を見て、その位置や速度が一瞬にわかる。そのため脳がつかれない」とICCの再現性を説明する。

 参考出品されているのは、このICC チップが内蔵された60V型の4Kテレビ。液晶パネルもICCチップにあわせたものが使用されているという。画面サイズについては「4K解像度の60V型というのが適正であると考えている」とした。

 シャープでは、ICC 4Kテレビの発売を2013年としているが、近日中に正式な発売日が発表される予定だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集