logo
CEATEC JAPAN 2012

KDDI、「補聴機能強化ケータイ」を試作--聴力に応じて音量調節

松田真理 (マイカ)2012年10月02日 17時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIは10月2日、補聴機能を搭載した携帯電話「補聴機能強化ケータイ」を試作したと発表した。10月2日から千葉県の幕張メッセで開催される「CEATEC JAPAN 2012」のKDDIブースで参考出展している。

試作器
試作器の外観

 同社と京セラは5月、前回のCEATECで展示した“新聴覚スマートフォン”の技術を採り入れたスマートソニックレシーバーを「URBANO PROGRESSO」と「簡単ケータイK012」として商品化。今回、スマートソニックレシーバーをベースにした補聴機能強化ケータイの試作に至ったという。

 補聴機能強化ケータイは、簡単ケータイK012に比べて、受話音量を約2倍まで向上させた。ユーザーの聴力にあわせて音の高さを調整する「周波数イコライジング」機能、相手の声を大きな音量で聞こえる「ダイナミックレンジ圧縮」機能などを搭載している。

-PR-企画特集