米連邦地裁、米国での「GALAXY Tab 10.1」販売差し止めを解除

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年10月02日 17時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦地方裁判所のLucy Koh判事は米国時間10月1日夕、3カ月前に決定されたサムスンの「GALAXY Tab 10.1」に対する米国での販売差し止めを解除する命令を出した。

 米連邦巡回控訴裁判所は先週、Koh判事が裁定を下すことを認める命令を出したが、今回の命令(PDFファイル)はそれを受けてのものだ。

 「6月26日の仮差し止め命令の唯一の根拠は、サムスンが意匠権D'889を侵害した可能性が高いと当裁判所が判断したことだ、という点に関して、当裁判所はサムスンに同意する。陪審団はそれと異なる判断を下した。したがって、6月26日の仮差し止め命令の唯一の根拠は、もはや存在しない。これらの事実だけに基づいて、当裁判所は差し止め命令を解除するのが適切だと判断した」(Koh判事の裁定)

 かつてサムスンの主力デバイスだったGALAXY Tab 10.1は6月、サムスンがAppleのタブレットに関する意匠権D'889を侵害していないと判断された場合は裁定を無効にするという条件で、販売が差し止められた。8月に陪審団が下した評決によって、実際その通りになり、サムスンは販売差し止めの解除を求めていた


サムスンのGALAXY Tab 10.1(手前)とAppleの「iPad」(奥)
提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加