logo

インテル、x86ベースのスマホ向けに「Jelly Bean」の移植を完了--リリース時期は未定

David Meyer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉2012年09月14日 11時53分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Intelのプロセッサを搭載する「Android」スマートフォンは、近いうちに最新バージョンの「Android 4.1」(開発コード名「Jelly Bean」)にアップグレードできるようになるはずだ。

 Intelがスマートフォン向けプロセッサ市場に参入したのは比較的最近で、同社のx86アーキテクチャのチップはごく一部の端末にしか搭載されていない。大半のスマートフォン向けプロセッサはARMのアーキテクチャを採用しており、大多数のAndroid端末も同様だ。


Orangeの「San Diego」は、英国で提供されているIntelプロセッサ搭載端末2機種のうちの1機種だ
提供:Orange

 英国では現時点で、Intelプロセッサを搭載し最新版のAndroid 4.1を実行する端末は皆無だ。というのもIntelは、比較的数の少ない同社のシステムで適切に動作するよう、新しいバージョンが出るたびに同OSを改変しなければならないからだ。Orangeの「San Diego」は「Android 2.3」を、ZTE(中興通訊)の「Grand X IN」は「Android 4.0」をそれぞれ搭載している。

 だがIDGは英国時間9月12日、Jelly Beanの移植が完了したと報じた。この記事では、Intelの複数の従業員が同バージョンを使っていることが、米国時間9月11~13日にサンフランシスコで開催された開発者向けカンファレンスIntel Developer Forum(IDF)2012で明らかになったと伝えている。

 IntelベースのAndroid端末のユーザーにJelly Beanがアップグレードとして提供される時期は、依然として不明だ。このようなアップグレードは通常、端末を販売する通信事業者がさらにカスタマイズする必要があり、顧客が入手できるのはその後になる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集