logo

写真で見る「iPhone 5」のうわさ - 5/26

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2012年08月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 iPhone 5のものだとされるシャーシの底面写真からは、iPhone 4Sとの大きな違いが見て取れる。ヘッドフォン用のコネクタ(上部から移動された)の他に、大きくなったスピーカー用グリルがあり、Dockコネクタは随分と小さなものになっている。

 Dockコネクタの改良に関するうわさとして、Appleはついに既存の30ピンコネクタを捨て去り、より小さなコネクタに置き換えるという話が出回っている。そういったなか、19ピンや16ピン、さらには8ピンのコネクタがうわさに上っているものの、実際の証拠となるものが流出したという事実は確認されていない。

 新しいコネクタはAppleがMacBookで採用しているMagSafeコネクタとよく似た、磁気を使用したものになるといううわさもある。

 Dockが変更された場合、Appleが何らかのかたちで新たなDockと従来のDockとの間の後方互換性を維持しない限り、iPhone用として現在出回っているアクセサリはすべて時代遅れになってしまうことになる。

 iPhone 5のものだとされるシャーシの底面写真からは、iPhone 4Sとの大きな違いが見て取れる。ヘッドフォン用のコネクタ(上部から移動された)の他に、大きくなったスピーカー用グリルがあり、Dockコネクタは随分と小さなものになっている。

 Dockコネクタの改良に関するうわさとして、Appleはついに既存の30ピンコネクタを捨て去り、より小さなコネクタに置き換えるという話が出回っている。そういったなか、19ピンや16ピン、さらには8ピンのコネクタがうわさに上っているものの、実際の証拠となるものが流出したという事実は確認されていない。

 新しいコネクタはAppleがMacBookで採用しているMagSafeコネクタとよく似た、磁気を使用したものになるといううわさもある。

 Dockが変更された場合、Appleが何らかのかたちで新たなDockと従来のDockとの間の後方互換性を維持しない限り、iPhone用として現在出回っているアクセサリはすべて時代遅れになってしまうことになる。

提供: ETrade Supply

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]