logo

写真で見る「iPhone 5」のうわさ - 8/26

Adrian Kingsley-Hughes (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子2012年08月28日 07時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 横幅が同じであるため、今まで通り親指は画面の端から端まで届く。(Android携帯のような)より幅広の画面を片手で操作することは難しいのである。

 Strategy AnalyticsのWireless Device Labが3月に行った報告では、スマートフォン所有者のうちほぼ90%が、ある程度の薄さが実現されているのであれば、4.0~4.5インチのディスプレイを搭載したスマートフォンを望んでいるという。

 4.5インチディスプレイを搭載したスマートフォンは極めて大きなものとなる。LG電子の「Optimus 4G LTE」を例に挙げてみよう。このスマートフォンのサイズは133.9mm×67.9mm×10.5mmであり、115.2mm×58.6mm×9.3mmのiPhone 4Sと並べてみない限りさほど大きくは感じられない。しかし数字の上では大きな違いに感じられなくても、手に取ってみるとその差は大きいのだ。

 iPhoneを使う場合、筆者の親指は画面の端から端まで何の問題もなく届くものの、本体がより大きくなると無理が出てくるため、両手で操作することになる。通常の場合、これが問題になることはないものの、素早くテキストメッセージや電子メールを打ち込みたい場合、大きなスマートフォンは利点よりも欠点が勝るようになるのである。

 横幅が同じであるため、今まで通り親指は画面の端から端まで届く。(Android携帯のような)より幅広の画面を片手で操作することは難しいのである。

 Strategy AnalyticsのWireless Device Labが3月に行った報告では、スマートフォン所有者のうちほぼ90%が、ある程度の薄さが実現されているのであれば、4.0~4.5インチのディスプレイを搭載したスマートフォンを望んでいるという。

 4.5インチディスプレイを搭載したスマートフォンは極めて大きなものとなる。LG電子の「Optimus 4G LTE」を例に挙げてみよう。このスマートフォンのサイズは133.9mm×67.9mm×10.5mmであり、115.2mm×58.6mm×9.3mmのiPhone 4Sと並べてみない限りさほど大きくは感じられない。しかし数字の上では大きな違いに感じられなくても、手に取ってみるとその差は大きいのだ。

 iPhoneを使う場合、筆者の親指は画面の端から端まで何の問題もなく届くものの、本体がより大きくなると無理が出てくるため、両手で操作することになる。通常の場合、これが問題になることはないものの、素早くテキストメッセージや電子メールを打ち込みたい場合、大きなスマートフォンは利点よりも欠点が勝るようになるのである。

提供: iLab Factory

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]