マイクロソフトの企業ロゴ--画像で振り返る変遷 - 4/7

Jonathan Skillings (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月24日 12時26分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Microsoftの4番目のロゴは1987年に登場した。この年は、同社が株式公開を果たし、現在の本社が置かれているワシントン州レドモンドに、近郊のベルビューから移転した1年後にあたる。当時の米大統領はまだReagan氏であり、2期目の在任中であった。なお、「Windows 3.0」が華々しく登場するまでには、この年からまだ3年待つ必要があった。

 これは一般の人々にとって、最も馴染みのあるロゴであるはずだ。何といっても、George H.W. Bush大統領からBill Clinton大統領、George W. Bush大統領、そしてBarack Obama大統領の時代まで、4分の1世紀もの間使われてきたのだから。
Scroll Right Scroll Left

 Microsoftの4番目のロゴは1987年に登場した。この年は、同社が株式公開を果たし、現在の本社が置かれているワシントン州レドモンドに、近郊のベルビューから移転した1年後にあたる。当時の米大統領はまだReagan氏であり、2期目の在任中であった。なお、「Windows 3.0」が華々しく登場するまでには、この年からまだ3年待つ必要があった。

 これは一般の人々にとって、最も馴染みのあるロゴであるはずだ。何といっても、George H.W. Bush大統領からBill Clinton大統領、George W. Bush大統領、そしてBarack Obama大統領の時代まで、4分の1世紀もの間使われてきたのだから。

提供:Microsoft

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]