logo

グーグル、「iOS」版「Chrome」をアップデート--ソーシャル対応を強化

Kent German (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年08月24日 11時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間8月22日、「iOS」版「Chrome」アプリケーションの初めてのアップデートを公開した。すでに「App Store」で、「iPhone」および「iPad」向けにいくつかの改良を加えた新しいバージョン21.0.1180.77が提供されている。

 最大の変更点は、Chromeから電子メールを通じて、またはFacebook、Google+、Twitter上で直接共有できる機能だ。Google+も先週アップデートされており、ユーザーは共有されたウェブリンクをChromeで直接開くことができるようになった。

 その他の変更点として、サインイン時のエラーメッセージやウェルカムツアーの言語識別機能を改善したほか、「Incognito」モードで空白ページが読み込まれるバグを修正した。

 Googleは、6月にサンフランシスコで開催したGoogle I/O 2012で、「Android」およびiOS版Chromeアプリを発表した。

iOS版Chrome
提供:Screenshot by Matt Elliott/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集