logo

グーグル、「Street View」にカナダ北極圏の画像を追加へ

Dara Kerr (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月23日 17時26分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カナダ北極圏に属し、ヌナブト準州のキティクメオト地域にあるケンブリッジベイは、飛行機か船でしかアクセスできない。

 これが、「Google Maps」の「Street View」に追加される最新のロケーションだ。

 「本日、われわれは今までで最も総合的なカナダ北極圏の地図を作成するというミッションに向けて出発した」Google Earth OutreachチームのメンバーであるKarin Tuxen-Bettman氏は米国時間8月22日、ブログ投稿でこのように述べた。「これはわれわれにとって初めてとなるカナダのヌナブト準州への旅であり、カナダ北極圏やイヌイット文化の美を世界中の人々と分かち合うために、われわれは地域社会の人々や政府関係者とともに『Google Map Maker』とStreet Viewを活用する」(Tuxen-Bettman氏)


ケンブリッジベイの画像を収集するStreet View撮影用三輪車

 ケンブリッジベイは人口1500人の小さな村で、砂利道が数本走っているだけだ。Google Maps Street Viewチームが訪れた中で、カナダでは最北となる。チームのメンバーは地元の代表者と一緒に作業しており、Street View撮影用三輪車であちこち巡ったりGoogle Map Makerを使ってこの地域の道路、河川、湖、また史跡を追加したりしている。これら興味深い場所は全て、地元のイヌイット語にも翻訳される。

 「ここは地域に関する情報が豊富で、また豊かな歴史のある場所でもある」と、地元住民であり地図作成プロジェクトに参画しているChris Kalluk氏は声明で述べている。「これらのツールをわれわれが使うことで、われわれはヌナブト準州のストーリーを世界に伝えていく」(Kalluk氏)


Google Mapsで見たケンブリッジベイ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集