logo

Skype、「iOS」アプリに写真共有機能を追加

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月22日 08時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Skypeは、同社のインターネット通信サービス「Skype」の「iOS」アプリケーションに対する最新アップデートにおいて、写真を送受信する機能を追加した。

 Appleの「App Store」に米国時間8月21日にリリースされたSkypeバージョン4.1には、いくつかの拡張機能が追加されているが、最も注目すべきなのは「Photo Share」である。

 「iPhone」または「iPad」のギャラリーから既存の写真を選択するか、新しい写真を撮影して、その写真を友人や家族にSkypeを介してインスタントメッセージング(IM)で送信することができる。同社によると、写真のサイズに制限はないという。したがって、添付ファイルサイズには通常、電子メールプロバイダーによる制限が課されるが、Skypeを利用すればその制限を回避することができる。

 使い方は簡単だ。まず、写真を共有したい送信先の名前をタップする。送信先ではIMが使えるよう設定されている必要がある。「Send Photo」ボタンをタップして、既存の写真を使用するか、新しい写真を撮影するかを選択する。メッセージを入力して「Send」ボタンをクリックする。

 送信先がオンラインに接続中ならば、メッセージと写真が直ちに相手に届く。接続中でない場合は、相手がSkypeにログインするまでメッセージはペンディングの状態になる。

 Skype IMの相手から写真を送信してもらうこともできる。

 同社によると、今回の最新アップデートでは、Skypeのバッテリ消費量も低減されているという。そのため、iOSユーザーはSkypeを1日中接続したままにすることもできるという。アプリケーションそのものとコンタクトリストのロード時間も少し短縮されている。

Skype
提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集