logo

小規模ビジネスのための ソーシャルメディア活用術 - (page 2)

エグゼクティブブックサマリー2012年08月21日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オンライン上の消費者の言葉に耳を傾ける

 ソーシャルメディアを使えば、顧客に接近する能力を高め、彼らの言葉に耳を傾けることができます。顧客は、購入した新製品や見つけた得な情報、あるいは、失礼な販売員などについて書きこみます。あなたの会社やブランドについても、あなたの知らないところでブログなどに書きこまれているかもしれません。ソーシャルメディアを監視し、自社に関するフィードバックをキャッチして下さい。また、会社の地元のブロガーに接触することも重要です。

 なぜなら、地元のブロガーは地元のコミュニティに影響を及ぼし、あなたの企業にとってプラスになる「口コミ」を広めてくれるかもしれないからです。

 Google Alertやソーシャル・メンションを使えば、ウェブを検索して自社に関するコメントを見つけることができます。Google Alertの場合は、関連のあるキーワードや用語を入力すると、プログラムが該当する言葉を見つけた時に教えてくれます。ソーシャル・メンションは、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアサイトを検索し、自社に関するコメントを見つけ出してくれます。さらに、自社が提供する製品やサービスに関するコメントが見つかると、そのサイトのリンクなどを載せたEメールを毎日のように送ってくれます。

 キオタグやヤックトラックなどのソーシャルメディア検索エンジンは、ソーシャルメディア・プラットフォームをくまなく検索し、自社と関連性のある特定の言葉が使われている議論を探してくれます。

 「ソーシャルメディア」上においてはもちろん、言論は全て自由です。それゆえに、ソーシャルメディアを企業が使えば、顧客の自由な意見を取り入れることができます。良い事も、たまには辛らつなこともあるかもしれません。しかも知らないところでそうしたことが書かれる可能性もあるので、自らの評判については敏感にチェックして、その意見を自社のマーケティングや商品作り、サービスに生かしていくこともできるのです。 

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]