logo

ケネディ宇宙センター、グーグルの「Street View」に登場--設立50周年を記念

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年08月03日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本物のスペースシャトルやアポロ宇宙船を間近に見たことがない人でも、Googleの「Street View」によってリアルな雰囲気を味わえるようになった。


提供:Google

 検索大手のGoogleは、フロリダ州にあるケネディ宇宙センターの設立50年周年を記念して、全体を見渡せるインタラクティブなStreet View写真を公開した。10枚のオンライン写真のそれぞれが、宇宙技術、装置、ロケーションに関するさまざまな部分にフォーカスしている。

 ある写真は、スペースシャトル「アトランティス」の船首から船尾までをくまなく表示する。別の写真は、アポロ14号の司令船に焦点を当てている。また、実際の発射台の最上部まで移動できる写真もある。

 すべてのStreet View写真と同様に、ケネディ宇宙センターの写真もインタラクティブな操作が可能だ。ズームインとズームアウト、水平移動と垂直移動、前後方向の移動によって、さまざまな体験を得られる。たとえば、アポロ14号の司令船がある部屋に移動すると、他のアポロ宇宙船で使われた宇宙服や飛行装置、他のアイテムなどを見ることができる。


提供:Google

 Googleによると、NASAのチームとStreet Viewのチームが協力し、これらの写真が実現したという。写真の展示は、ケネディ宇宙センターの過去50年間の探索を称えるだけでなく、今後50年間の「スペースイノベーション」への期待も込めて行われている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集