logo

「Mountain Lion」、発売2日で3.2%の「Mac」で動作か

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年07月28日 11時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleは同社の最新版OS「Mountain Lion」の販売数をまだ明らかにしていないが、新たな調査結果によると、同OSはこれまでのバージョンよりもさらに好調なスタートを切っているという。

 広告および分析企業のChitikaは米国時間7月27日、去る25日に発売されたAppleの「OS X」シリーズ最新版であるMountain Lionが、現時点で3.2%の「Mac」上で動作していることを明らかにした。一方、同社によると、「Lion」(1つ前のOS Xバージョン)は14%のシェアを獲得するまでに3か月かかったという。

 Chitikaは同社が実施した調査に関するブログ投稿で、「OSが発売後わずか48時間後に、ウェブ利用マーケットで3.2%のシェアを獲得したことはむしろ素晴らしいことだ」と述べた。「このような数字を裏付ける要因として、同OSのプライスポイントが比較的低く抑えられていることと、求められている機能改良が広範囲に及んでいることが挙げられるだろう」(同ブログ投稿)

 ちなみにAppleは、2011年7月に発売されたLionについて、同OSをリリース後24時間以内にダウンロードしたユーザーが100万人を超えていたことを明らかにしている。Chitikaの計算では、同ソフトウエアを48時間以内にダウンロードおよびインストールしたユーザーは約224万人としている。

発売後48時間でのMountain Lion販売の推移
発売後48時間でのMountain Lion販売の推移
提供:Chitika

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集