logo

日立、録画テレビ「Wooo」に新GP1シリーズ

加納恵 (編集部)2012年07月19日 15時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立リビングサプライは7月19日、「Wooo」シリーズに液晶テレビ「GP1」シリーズを追加したと発表した。500Gバイトの内蔵HDDと3デジタルチューナを搭載する。発売は9月下旬。

  • 「L42-GP1」

 発表されたのは55V型の「L55-GP1」(価格:43万円)、47V型の「L47-GP1」(価格:34万円)、42V型の「L42-GP1」(価格:28万円)の3機種。いずれも1920×1080ピクセルのフルHDパネルを搭載し、バックライトにはLEDを採用する。

 全機種ともに500Gバイトの内蔵HDDに、最大約400時間の番組録画が可能。地上デジタルチューナを3基、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載することで、デジタル放送を2番組同時録画しながら、別の地上デジタル放送を視聴できる。

 iVスロットも備え、別売のカセットHDD「iVDR-S」への録画にも対応。録画したiVDRは、別の場所にある対応機器でも再生が可能だ。

 LEDバックライトは、エリアで明るさをコントロールする「ダイナミックエリアコントラストマネージメント」を採用。高コントラスト化することで、白つぶれ、黒つぶれが少ない画質を実現したとしている。入力される映像の解像度を分析して、最適な高解像度化を行う超解像技術「ピクセルマネージャーSG」も備えた。

 DLNA対応のテレビやPC、スマートフォンをネットワークにつなげば、Woooに録画した番組を別の部屋で見たり、外出先に持ち出したりすることが可能。対応アプリをダウンロードしたスマートフォンやタブレット端末からWoooを操作し、録画済み番組をネットワーク経由で見たり、ダビングしたりできるスマホ&タブレットリンクにも対応する。

 いずれも3D再生に対応し、別売の3Dグラス「TP-PE3D200」を使用すれば3D映像の視聴が可能。2D映像を擬似的に3Dに変換する「3D変換機能」も備える。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集