logo

「Windows 8」の発売は10月26日

Mary Jo Foley (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年07月19日 08時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 8」が米国時間10月26日にリリースされることになった。

 Windows 8は10月26日から、新しいPCにプリロードして販売されるとともに、アップグレードプログラムを利用する購入者にも提供される。Microsoftがこのほど発表した。これまでのMicrosoftの発表から考えて、10月26日にはMicrosoftが提供する「Windows RT」ベースのPC/タブレットである「Surface」も、Microsoft Storeおよび一部のオンラインショップで提供されるものと思われる。

 Windowsチームブログの7月18日付けの投稿によると、Microsoft関係者らは同日、アトランタで開催されたMicrosoft Global Exchange(MGX)カンファレンスに参加した多数のMicrosoft販売担当者らを前に、この具体的なリリース日を発表したという。


MicrosoftのWindows担当プレジデントを務めるSteven Sinofsky氏。MGXカンファレンスにて。

 Microsoftの関係者らは先週、Windows 8が8月の1週目に製造工程向けにリリースされると述べていた。「Windows Server 2012」と「Visual Studio 2012」も同時に製造工程向けにリリースされる予定である。ただし、Windows Server 2012が顧客に提供されるのは9月だとMicrosoft関係者らは述べていた。同社幹部らは、Visual Studioの正式版が開発者向けに提供開始される時期については明言を避けている。

 Microsoft関係者らは先週、ボリュームライセンス契約を締結している企業ユーザーには、製造工程向けリリースの直後にWindows 8の正式版を提供する予定であると述べた。MSDNおよびTechNetの登録ユーザーにWindows 8正式版が提供される時期については、Microsoft関係者らは明言を避けている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集