logo

ノキア、「Nexus 7」タブレットによる特許侵害を主張か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年07月03日 13時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先週発表されたばかりの「Nexus 7」が、既に特許侵害を指摘されている。

 Googleは、最新「Android」OS(開発コード名「Jelly Bean」)を搭載したASUS製7インチタブレット「Nexus 7」をサンフランシスコで開催のGoogle I/Oカンファレンスで発表した。しかし、Nokiaは、同社が特許を保有するWi-Fi技術が同製品に使われており、GoogleとASUSのいずれからもライセンス供与に関する打診は受けなかったと主張している。

Nexus 7
Nexus 7
提供:Josh Long/CNET

 「Nokiaは、主に標準必須特許について40社以上にライセンス供与しており、ほとんどのモバイル機器メーカーがこれに含まれる」と、Nokiaの広報担当はThe Inquirerに語った。「GoogleもASUSも、われわれの特許ポートフォリオからはライセンスを供与されていない」という。

 さらに「われわれの標準必須特許のもとでライセンスを受けていない企業は、われわれに申し出て、ライセンスを受けなければならない」とした。

 米CNETはASUSとGoogleにコメントを求めているが、本稿掲載時点で回答は得られていない。

 NokiaがASUSを相手取って特許侵害の申し立てを既に行ったか、またはその計画があるかは不明だ。米CNETはこれに関してNokiaにコメントを求めているが、まだ回答は得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集