logo

アップルのB・マンズフィールド氏、引退へ--ハードウェアエンジニアリングを担当

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月29日 10時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleでハードウェアエンジニアリング担当シニアバイスプレジデントを務めるBob Mansfield氏が引退する。同社が米国時間6月28日に発表した。

 Mansfield氏は、Appleに1999年から在籍している。後任は、iPadハードウェアエンジニアリング担当バイスプレジデントを現在務めているDan Riccio氏となる。

Bob Mansfield氏
Bob Mansfield氏
提供:Apple

 Appleの最高経営責任者(CEO)Tim Cook氏は、「Bobは、われわれ経営陣の中で助けになる役割を担ってきてくれた。ハードウェアエンジニアリング部門を率い、多くの画期的な製品を届けてくれたチームを過去数年間にわたり監督してきた」と声明で述べた。「彼が去ることになり非常に悲しく思うが、引退後の毎日を楽しんでくれることを願っている」(Cook氏)

 Appleによると、Mansfield氏からRiccio氏への引き継ぎは、「今後数カ月」にわたって実行されるという。

 Mansfield氏は、2010年に退職したMark Papermaster氏の後任に着任して以来、同社の宣伝用ビデオに頻繁に登場する幹部の1人となった。Mansfield氏は、新製品の技術的側面を説明する役割を頻繁に担っていた。Apple入社前はMansfield氏は、Silicon Graphics、そして、Appleが買収したRaycer Graphicsに勤務していた。

 Mansfield氏の引退は、Tim Cook氏がAppleのCEOに2011年8月に就任して以来初めての経営陣の退職となる。

 もっとも、Appleを去るのはMansfield氏だけではない。Appleは28日、バイスプレジデント、コーポーレートコントローラー、主任経理担当責任者を務めるBetsy Rafael氏が2012年10月19日に退職することをSECへの提出書類で明らかにした。Rafael氏は2007年8月よりAppleに勤めている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]