logo

ギリシャのマイクロソフト現地法人、襲撃の被害に--車が突入し炎上

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 長谷睦2012年06月28日 13時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ギリシャは現在、混乱の時期にある。一方、Microsoftは多少なりともルネッサンス(復興)の兆しを見せているようだ。

 だがもちろん、そんな事情が理由のはずはないだろう。報道によるとギリシャのアテネで現地時間6月27日、3人の男が現地のMicrosoftオフィスで警備員2人に銃口を突き付けて追い散らし、その後ワゴン車をバックさせて正面玄関に突っ込み、発火装置を作動させるという事件が起きた。3人の男は共犯者らの助けを借りて逃走したと報じられている。

 Reutersの報道によると、事件は現地時間午前4時45分に発生したという。そのため、人命を狙ったわけではなく、単に物理的損害を与えることが目的だったとみられる。

 MicrosoftはAssociated Press(AP)の取材に対し、犯行予告や脅しなどの情報は一切なかったと述べた。Microsoftのギリシャ現地法人で責任者を務めるErnst Jan Stigter氏はReutersに対し、「負傷者が出ず、従業員全員が無事だったことをありがたく思っている」と語った。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]