logo

写真で見る米海軍気象予報施設のスパコン--Fleet Numericalの内部 - 3/20

Daniel Terdiman (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年06月30日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Fleet Numericalの監視センターでは、2つのコンピュータシステムを監視する将校が常時任務に就いている。将校らは、受信するすべての衛星データの処理、運用データの実行の管理、コンピュータの実行状況の監視を行うとともに、1日当たり6万件以上の気象関連作業が、人命や任務を危険にさらす可能性のある問題が発生することなく処理されるようにしている。

 Fleet Numericalの監視センターでは、2つのコンピュータシステムを監視する将校が常時任務に就いている。将校らは、受信するすべての衛星データの処理、運用データの実行の管理、コンピュータの実行状況の監視を行うとともに、1日当たり6万件以上の気象関連作業が、人命や任務を危険にさらす可能性のある問題が発生することなく処理されるようにしている。

提供:Daniel Terdiman/CNET

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]