著作権改正法案が成立--リッピング違法化と違法DL刑罰化が10月1日より施行

佐藤和也 (編集部)2012年06月20日 18時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 違法ダウンロードの刑罰化などを盛り込んだ著作権改正法案が6月20日、参議院本会議にて賛成多数により可決された。これにより改正法案が成立し、ダウンロード刑事罰化などは10月1日に施行される。

 改正法案では、有償の著作物に対し違法にアップロードされたものを、違法と知りながらダウンロードする行為に対し、2年以下の懲役もしくは200万円以下の罰金を科すというもの。

 また、CSSなどのコピー防止技術を回避してDVDなどを複製することも規制され、「リッピング」と呼ばれるコピー防止技術が施されたDVDをPCに吸い出す行為に対しても、個人のDVDを個人のPCで行う私的使用目的の複製は認められなくなり、違法となった。

 2010年1月より施行された著作権法において、私的な目的により音楽ファイルなど違法アップロードされたコンテンツをダウンロードすることは違法となっていた。これに対する罰則は設けられていなかったが、今回の違法ダウンロード刑事罰化を盛り込んだ改正法案が6月15日に衆議院で可決されていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加