logo

MS、「Xbox 360」向けに「Kinect」機能対応の「Internet Explorer」を発表

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年06月05日 11時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftが「Internet Explorer」ブラウザを新たな場所に登場させた。

 Microsoftは米国時間6月4日、ゲーム見本市Electronic Entertainment Expo(E3)での基調講演において、Internet Explorerが「初めて速くて滑らかなウェブ体験をリビングルームにもたらすだろう」と述べた。ユーザーは「Kinect」を利用して、「Xbox 360」上のブラウザを音声でフルコントロールできる。

 また、Microsoftはブラウザに特色(とコントロール)を加えるために、同社の「SmartGlass」プラットフォームをInternet Explorerに組み込んだ。ユーザーは自分のスマートフォンやタブレットから、ページのスクロールやリンクのクリック、ピンチとズームを実行できるようになる。


会場での発表の様子
提供:James Martin/CNET

 同社は、SmartGlassは「Windows 8」にも組み込まれるだろうと発表したが、詳細は明らかにしなかった。

 同社によると、Internet Explorerは2012年秋にXbox 360で利用できるようになるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]