logo

Facebook、データ使用ポリシー改定案に関するユーザー投票を開始

Elinor Mills (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 福岡洋一2012年06月02日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Facebookは米国時間6月1日、プライバシーおよびユーザー権限に関するポリシーの改定案について是非を問う投票を、1週間かけて実施すると発表した。

 Facebookでは、ポリシーの改定案に対するコメントが7000件を超えた場合、その案についてユーザー投票を実施することになっている。今回、「データの使用に関するポリシー」と「Facebook利用規約」の改定案に対するコメントは、どちらもこの数カ月で7000件以上に達していた。

 投票結果に拘束力を持たせるには、9億人という膨大な月間アクティブユーザー数(過去1カ月間にログインしたか、Facebook上で何らかの活動を行ったユーザーの数)の30%以上が票を投じる必要がある。ユーザーは、2つの新しいポリシーの採用に賛成するか、現在のポリシーの継続を希望するかを選択できる。投票は米国太平洋時間6月8日午前8時59分に締め切られ、ウェブサイト上で通知される。票の集計は外部の監査人が行う予定だ。

 Facebookがユーザー投票を実施したのは今回が2回目だ。初めての投票は2009年で、サービス規約をいったん変更しながら、ユーザーの反発を受けて修正することになった。

2件のポリシー改定案に対する投票を開始するための画面 2件のポリシー改定案に対する投票を開始するための画面
提供:Facebook

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]