logo

アップルのクックCEO:「スティーブになろうとすることの重圧を感じたことはない」

Dan Farber (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月30日 15時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるTim Cook氏は米国時間5月29日夜、カリフォルニア州パロスバーデスで開催のD10カンファレンスのインタビューで、Steve Jobs氏の後任を務めるということがどういうことかについて、再び質問を受けた。

 Cook氏は、「Steveは天才でビジョナリーだった。そして、わたしは、自分の役割が彼に取って代わることだと意識したことはない」と述べた。「Steveはオリジナルだ。Steveになろうとすることの重圧を感じたことはまったくない。それは、わたしの人生のゴールではない。わたしはわたしである。わたしはこの点に心を注いでいる。Appleの素晴らしいCEOになることだ」(Cook氏)

 さらにCook氏は、Steve Jobs氏がいなくなったことで、製品の「見立て」をしたり、何をユーザーの手に届けるかを決定したりするのは誰かとの質問を受けた。「最良の人材の雇うという、Steveの遺産は常に会社のDNAに刻まれている。わたしは、誰がどの部分を実行するかについて、必要以上に注視していない。鍵となるような人たちは数多くいる。鍵となるような人たちはこれまでにも数多くいた」(Cook氏)

Tim Cook氏(左)とSteve Jobs氏 Tim Cook氏(左)とSteve Jobs氏 提供:CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集