logo

グーグル、拡張現実メガネで撮影した動画を公開

Edward Moyer (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年05月26日 10時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleのバイスプレジデントを務めるSebastian Thrun氏は先ごろ、息子の両手を握ってぐるぐる振り回す様子を、同社のハイテクメガネ「Project Glass」をかけた自らの目線で撮影した写真を公開して話題を呼んだ。Googleとこのメガネに関する取り組みがこれを上回る注目を集めるにはどうすればいいか?

 簡単だ。誰かにProject Glassをかけたままトランポリンに上がらせ、設定を「動画」にしてからジャンプを始めてもらって、それを撮影するのだ。

 Googleは今週に入って、「Google+」にこの動画を投稿した。5月22〜23日にサンフランシスコで開催されたGoogle+ Photographer's Conference関連のギャラリーで公開されたものだ。

 Googleはさらに、同カンファレンスで行われたイベント「Google Glass Walk」の写真も投稿した。

 上述のThrun氏の作品は、写真の新時代について話題を呼んだ。今回のトランポリンのような動画は、数が増えるにつれて、動画の新時代をめぐる議論のきっかけになるかもしれない。

 だが、実際にProject Glassメガネを入手して、映画「湖中の女」と同様に当事者の視点から捉えた動画を自分で撮影することが、すぐに実現するとは期待しない方がいい。The Huffington Postの報道によると、Googleの共同創設者であるSergey Brin氏は同カンファレンスで、このところ話題になっているProject Glassのプロトタイプは「ベータでもアルファでもなく、研究段階での一種の試みにすぎない」と述べたという。また、このメガネが2012年中に発売されるといううわさについてThe Vergeが尋ねたところ、Brin氏は「時間が必要だ」と述べるにとどめたという。

今週に入ってGoogle+に公開されたProject Glassを利用して撮影された写真の1枚。 今週に入ってGoogle+に公開されたProject Glassを利用して撮影された写真の1枚。
提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集