logo

ヒューレット・パッカード、第2四半期決算を発表

Rachel King (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月24日 11時24分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Dellは米国時間5月22日に低調な決算を発表したが、それに比べると、Hewlett-Packard(HP)の2012年第2四半期ははるかに好調だった。

 HPの純利益は19億ドル(1株当たり純利益は80セント)だった。非GAAPベースの利益は1株当たり98セントで、売上高は307億ドルだった。決算とは別に、HPは2万7000人の人員削減を発表し、それによって削減されたコストを研究開発に再投資すると述べた。

 金融アナリストらはHPの第2四半期決算について、1株当たり利益が91セント、売上高が299億2000万ドルと予測していた。

 HPが従業員の最大8%の解雇を検討しており、主にサービス部門がレイオフの対象になるのではないかとの報道が5月に各所でなされたことを受けて、投資家たちは23日、悪い知らせを聞く心の準備をしていたに違いない。

 Whitman氏が述べたように、HPは投資家やアナリストを安心させるため、「革新を促進して投資を可能にする」複数年計画のロードマップ作成に取り組んでいることを発表した。それには、先頃買収したAutomonyの責任者の交代も含まれているようで、AutomonyはHPの最高戦略責任者(CSO)でソフトウェア部門担当シニアバイスプレジデントのBill Veghte氏が指揮することになる。

 もっとも、ソフトウェア全体の売上高は今でも上昇しており、前年比22%増を記録している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集