logo

Spotify、オーストラリアとニュージーランドでサービス開始

Ty Pendlebury (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年05月22日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Spotifyが現地時間5月21日、オーストラリアとニュージーランドでストリーミングサービスを開始した。サービスの提供先は合計15カ国となった。

 Spotifyの共同創設者で最高経営責任者(CEO)を務めるDaniel Ek氏はプレスリリースで、「オーストラリアの人々は熱心な音楽ファンであり、われわれは彼らが望んでいるサービスを作り上げた」と述べた。

 利用者は米国と同様に、フリー、「Unlimited」(6.99豪ドル)、「Premium」(11.99豪ドル)からアカウントを選択できる。

 またSpotifyは、若者向け放送局のTriple Jによるアプリを含む、ローカライズされたアプリの提供と、オーストラリアの4大レコード会社すべて、APRA(RIAAと同様の組織)、多数の独立レーベルとのライセンス契約を発表した。

 Spotifyのユーザー数は全世界で2000万人に達していると予測されるが、Spotifyが公式に発表している数字は「1000万人以上」だ。


Spotifyの共同創設者で最高経営責任者(CEO)を務めるDaniel Ek氏
提供:Spotify

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集