logo

シャープ、11種類の映像モードを備えた3Dプロジェクタ

加納恵 (編集部)2012年05月16日 18時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは5月16日、3D対応のDLPプロジェクタ「XV-Z30000」を発表した。シネマ、アニメーションなど、11種類の映像モードを備える。発売は5月25日。店頭想定価格は40万円前後になる。

  • 「XV-Z30000」

 0.65型の単板DLPチップを搭載し、1920×1080ピクセルのフルHD映像再生が可能。3Dシンクロエミッタを付属し、別売の3Dメガネ「AN-3DG10X」を使用すれば、3D映像も視聴可能だ。

 映像モードは、標準、シネマ1、シネマ2、モノクロ、アニメーション、スポーツ、ステージ、ダイナミック、ユーザー1、ユーザー2、ゲームの11種類を装備。ユーザーモードでは、明るさや色、ガンマ補正などを調整できる。

 新開発のアイリスにより、コントラスト比は従来機比25%アップの5万対1を実現。輝度は1600ルーメンで、明るい部屋でもメリハリのある映像を再現できるとしている。

 レンズはプロジェクタの中央に搭載されており、取り付け時の位置決めが簡単に行えるとのこと。上下方向に50%、左右方向に20%シフトできる電動レンズシフト機構を備える。

 本体サイズは高さ114.5mm×幅405mm×奥行き406.5mmで、重量は約7.3kg。高天井用「AN-TK201」(価格:6万8250円)、低天井用「AN-TK202」(同:2万5200円)の天吊りユニットも用意される。投写距離は1.3~31.7mで、40~500型までの投映が可能だ。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集