logo

FacebookによるInstagram買収、FTCによる調査で先送りの可能性も

Paul Sloan (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 福岡洋一2012年05月11日 12時51分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Financial Timesの報道によると、Facebookによる10億ドル規模でのフォト共有アプリInstagramの買収を米政府が調査しており、その影響で買収契約の締結が先送りになる恐れがあるという。Facebookは現在、新規株式公開(IPO)に向けたロードショー(投資家向け説明会)に力を注いでいるが、この調査が水を差す可能性もある。

 Financial Timesはこの件に詳しい2人の言葉を引用し、米連邦取引委員会(FTC)がFacebookの最大のライバル2社(TwitterとGoogleと推定される)から情報を収集し始めたと報じている。

 これほどの規模の買収だとこうした調査が行われるのは普通だが、今回の調査は半年から1年かかる可能性があるとFinancial Timesは述べている。Facebookが提出したIPOのS-1申請書によると、同社は今四半期の買収契約締結を見込んでいるらしい。買収が遅れるとすれば、Facebookの打ち出したばかりのモバイル戦略と場合によってはIPOそのものにとって、それが何を意味するのかはまだよく分からない。

 Facebookの広報担当者はコメントを控えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]