logo

ボーイング787のコックピットにシャープ製液晶ディスプレイが採用

加納恵 (編集部)2012年04月24日 17時37分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月20日、同社開発の液晶ディスプレイが、ボーイング製の航空機「ボーイング787」のコックピット用ディスプレイに採用されたと発表した。

  • 「ボーイング787」

 採用されたのは、液晶テレビ「AQUOS」にも採用されている表示技術「ASV技術」を初搭載した航空機用の専用ディスプレイ。表示サイズは306.6×229.95mmで、解像度は1400×1050ピクセル。1機あたり5台が搭載される。

 高コントラスト、広視野角、高色度など優れた光学特性を実現し、飛行に関する様々な情報を正確に表示することができるため、左右に位置する正操縦士と副操縦士が同時に確認できるとのこと。温度や気圧の変化、振動や衝撃などに対する高い耐久性も確保されているとのことだ。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]